壁を塗装する人

便利な制度

壁を塗る男性

エクステリアリフォームの価格

エクステリアリフォームがひそかに流行っています。住宅が老朽化した時に、エクステリアをリフォームし見た目を刷新することで、デザインや色彩を印象付けます。エクステリアリフォームをする場合、平均価格はおおよそ200万円程度です。200万円と聞いたときに高いと思う人もいるでしょう。その一方で住宅のリフォーム何だからそれぐらいはかかるよねと思う人もいるでしょう。そもそもその価格はどこから出てくるのでしょうか。エクステリアの価格は、材料費と施工費、経費の合計と言われています。材料費とは、庭の樹木を植え直すのであればその樹木の費用、施工費は木を植える職人の技術や労務にかかる工事費、そして問題は最後の経費にあります。

意外に知られていない経費の中身

エクステリアの経費とは、ハウスメーカーや工務店の人件費もそこに含まれています。営業マンを雇う場合がそれに当たります。大手にメーカーになるとテレビコマーシャルをおこなっているところもありますのでその宣伝費用もばかになりません。また、展示場を建てるという場合も経費になります。それらの経費はだれが負担しているのかと言えば、当然その会社が負担しています。ですが、その会社のお金はリフォームをした施主が支払った物なのです。確かに大手の場合は、それで信用や安心を買っているのと同じになりますが。いくら材料費や施工費を減らしても経費が高くては意味がありません。エクステリアリフォームを行う場合は、経費が含まれていることにも目を配ってみてください。