壁を塗装する人

改善点

外壁の白い家

雨漏りの修理にかかる費用

雨漏りの修理工事費用は雨水の侵入箇所の階数や屋根材の種類、屋根の傾斜や形状、雨漏りの保証期間によって違いがあります。施工不良や長年の劣化によっての雨漏りは最高で300万円ほどかかってしまう場合があります。屋根がどのような状態で雨漏りをしてしまったとしても、最低でも20万円はかかると思ってよいです。業者を決める際は必ず複数の業者から見積もりをとってもらうことをお勧めします。見積もりを出してもらったら、平均的な価格が想像できると思います。その時に工事一式として値段を出している業者じゃなく、きちんと内訳を出してくれている業者の方が信頼できます。また、値引きをしてくれるのは良いのですが、いきなり大幅な値引きをした業者も要注意です。

事前に対策をしておく

雨漏りは屋根の瓦の割れ目やずれ、屋根の劣化から家の中に入り込んできますが、家の中にその影響がでるまでには時間がかかります。大抵気付かないうちに雨水が入り込んでいて、家の中に影響が出てきたときには、瓦の止め付け用の釘等を腐らせてしまっています。実際に家の中に雨水が入り込んでからでは遅く、屋根等を修理する以外にもお金がかかってしまいます。ある程度の築年数が経っている家なら一度業者に依頼して雨漏りの確認をしてもらうことをお勧めします。外から見るだけでなく内からも見てくれます。大切な家の事なので、しっかりと対策をしておくべきだと思います。目でみて雨漏りだと気づく前に修理をすれば、費用も抑えることができると思います。