壁を塗装する人

より安全で快適に

木目の外壁

修理業者の違いについて

雨漏り修理をする場合にその業者に雨漏り修理を依頼するかによって結果が違ってきます。雨漏り修理業者にはリフォーム会社や工務店、屋根修理業者があります。リフォーム会社と工務店は、雨漏り修理専門業者ではありません。普段は注文住宅を造ったり、リフォームをおこなっていることが多いのです。昔と違い工務店は住宅を建築するだけでなく様々な種類の仕事に取り組んでいるのが現状です。新築住宅の建築だけでは食べていけなくなったという時代背景もあります。工務店も多様化して、大工として行っているところもあれば、住宅の設計や修理、外壁塗装を行っているところもありますが、塗装は下請けに出す場合も多いのです。多様化しているため「工務店とはこうである」というような決まった形は無くなりつつあります。

複雑に絡み合った業者たち

一方、リフォーム会社は名前の通りリフォームを行う会社です。そのリフォームの中に屋根修理が含まれており、雨漏りを防ぐための修理や塗装も行うことがあります。ただし、下請けに出すことも多くあり、屋根塗装や修理の入り口になっているだけの場合もあります。また、もともと塗装専門業者だったところがリフォーム会社をやっていることもあります。その場合は、屋根塗装については専門的な知識や技術、経験を持っているため下請けに出さずに自分たちで修理や塗装を行います。これに対して屋根塗装専門業者もあります。基本的にはリフォーム会社や工務店の下請けを行っていますが、専門的に塗装を行っているため、下請けに出すことはありません。